中央大学駅伝部の主将&副主将に抜擢された1年生はどんな選手??


2015_003

学駅伝界に激震が走りました。

箱根駅伝の常連校中央大学駅伝部が、

今月6日になんと・・

主将&副主将を1年生に任命したのです。

どの大学も主将・副主将は4年生が務めるのが基本的ですが、

中央大学が1年生に任命したのは

近年箱根で低迷しているこのチームを

「革新」するためとのこと。

4月からチームの監督に

元世界選手権マラソン代表の藤原正和氏

招いていることもあり、

今年の中央大学駅伝部は一気に殻を破るかもしれません。

そして一体どんな

1年生主将、副主将が選ばれたのでしょうか….

sponsored link

超スピード派の2人

そんな1年生主将&副主将の2人がこちらです….

pic2016_funatsu

主将:舟津 彰馬(ふなつ しょうま)

学部:経済学部

出身校:福岡大学附属大濠(福岡)

主なベスト

800m1’51”62
1500m⇒3’48”10
1000030’21”04
10km⇒29’53”

≪詳細情報≫

2015年インターハイ:1500m(12位)
5000m(予選落ち)

2015年国体:少年共通800m(5位)

全国高校駅伝(都大路):出場経験なし

pic2016_tamogami

副主将:田母神 一喜(たもがみ  かずき)

学部:法学部

出身校:学法石川(福島)

主なベスト:

800m⇒1’50”31
1500m⇒3’47”63
5000m⇒14’29”21
10000m⇒ ----

≪詳細情報≫

2015年インターハイ:1500m(優勝)、800m(3位)

2015年国体:少年共通800m(優勝)

全国高校駅伝(都大路):2014年(5区4位)、2015年(2区16位)

この2人、中央大学駅伝部の1年~4年までの

他のメンバーと比べて圧倒的に

違う点はスピードですね。

比較的に短距離に近いとされる800mと

1500mのタイムでは彼らは他のチームメイトより

頭一つ抜きんでています。

しかし箱根駅伝での1区間の距離は

大体20km~23kmなので、

スピード重視の彼らの走りがどれだけ

生かせられるかはわからないですね。

ただどちらも高校のインターハイ&国体では

結果を残していますし、ベストタイムも素晴らしいので

これからの伸びが楽しみですね。

44秒差で箱根予選敗退…

cuxzfymvmaeoo-m

10月15日に行われた箱根駅伝予選会で、

中央大学の敗退が決まりました…

10位との差は44秒差でした。

やはり1年やそこらでどうにかなる

問題ではないでしょうね。

強いチームはどこも何年もかけて力をつけます。

中央大学も来年はこれを機に

箱根で優勝するくらいの大逆転劇を見せてほしいです。

そして予選会での敗退が決まった後、

1年主将の舟津から挨拶がありました・・・

感動しますね…

これが伝説のスピーチとなるかどうかは、

これからの中央大学の活躍にかかっていますね。

ぜひ10月16日から再来年の箱根駅伝に向けて

頑張ってほしいです….

かつての日体大も2年を主将に置いた

駅伝の若い主将と聞いて記憶に新しいのは、

やはり元日本体育大学の服部翔大選手ですよね。

z020412000000113_jpge

2012年の第88回箱根駅伝で日体大は途中、

繰り上げスタートも含み

全体19位という結果に終わりました。

そのレース後に2年生ながら新主将に

抜擢されたのが服部翔大選手でした。

服部選手は練習で後輩、同期、そして先輩を引っ張り、

2013年の第89回箱根駅伝の予選会では

見事1位通過

そして本大会も5区区間賞の走りを見せ、

日体大を総合優勝に導きました。

中央大学はかつて箱根の名門校として

謳われていたものの、

2012年の88回大会を最後に

シードを逃し続けています。

そんな中今年4月からは新監督として

元世界選手権マラソン代表の藤原正和氏を迎え、

さらには主将・副首相に1年生を任命するという

かなりの抜本改革に取り組みました。

2,3,4年生が知っている箱根で負けた悔しさこそ

2人は知りませんが、怖いもの知らずという

意味では良いのかもしれません。

しかしその精神的重圧は計り知れないものでしょう….

中央大学駅伝部という歴史のあるチームを

どこまで再建できるでしょうか。。

2017年第93回箱根駅伝がかなり見ものです。

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする