【横浜】三浦大輔が今季初先発も1回で6失点炎上…..


538c2_929_spnldpc-20160630-0060-0

eNAの現役最年長投手三浦大輔

11日の中日戦で今季初先発を果たしました。

今季はしばらく2軍生活が続いていましたが、

先発ローテの一角を担う山口俊が怪我で登録抹消されたり、

今永が2軍で調整中ということもあり三浦が1軍登録。

しかし三浦は…

あまりにも早い段階でノックアウトされてしまいました….

sponsored link

プロフィール

0610miura-001

出身地:奈良県橿原市

生年月日:1973/12/25

身長:183cm

体重:88kg

年俸:1億2500万円(2016年)

出身高校:大和高田市立高田商業高等学校

三浦大輔は現役最年長の42歳。

これまでのプロ24年間で

最優秀防御率1回、最高勝率1回、最多奪三振1回を獲得しています。

また2014年には、

40歳ながら8月に月間MVPに選ばれました。

本人は42歳の今でも「まだやれる」と豪語し、

今シーズンは開幕から2軍生活が続いていましたが

ずっと1軍での登板の機会を待っていました。

今季初登板の中日戦で1回6失点

本来の先発ローテの2人が9軍にいることと、

オールスター前の9連戦の投手のやりくりもあって、

2軍で投げ続けていた三浦大輔が

1軍に登録され11日に中日戦に臨みました。

ラミレス監督は

できれば6回を投げ切ってほしい」と言っていましたが、

三浦は初回先頭バッターにいきなり

ツーベースヒットを浴びると、

そこから1回だけで7安打を浴び、

1回に早くも6点を失ってしましました。

早くも中日に大量リードを許してしまいましたが、

三浦は2回から立ち直り

2、3、4回を0に抑えマウンドを降ります。

三浦は結局4回を投げて打者24人に対し

101球、被安打11の失点6でした。

1回こそ内容は良くなかったものの、

2回以降のピッチングが最初からできるならば、

次回もう一度チャンスが来るかもしれません。

オールスター後に故障中の山口と

2軍調整中の今永がどれだけ復活しているかですね。

ちなみに三浦大輔は同試合で打者としてヒットを放ち、

これで24年連続安打となり

これは歴代で4位の記録だそうです。

しかも投手としては世界初で、

ギネス認定になるかもしれないとのこと。

sponsored link

ベイスターズファンの声

現役最年長三浦大輔の今季初登板についてネット上では…

こーへー@hekokawamura 3時間3時間前

横浜の三浦大輔はこんなところで終わっていい選手じゃない

156@156wf 3時間3時間前

横浜三浦大輔、2回〜4回無失点や!

ますまさ(39歳男性)@masutaamasa 3時間3時間前

三浦大輔頑張ってるなぁ。24年一軍の試合に毎年出るだけでも、感心すべきなのに、それで、ヒットを打ってるって、並大抵の努力じゃできないよなぁ。次は、勝って欲しい。

ぽて@三浦大輔24年連続安打達成@PoteMcd 4時間4時間前

私は巨人とのオープン戦で大爆発してそれでも戻って来た三浦大輔を信じる

と、初回炎上の彼を責める声はなく、

三浦のこれからの復活を願う声がかなり多かったです。

ちなみにこんなツイートも発見しました….

マイクザガースキー@bays_love 1時間1時間前

昨日42歳の三浦大輔が先発して盛り上がったところで山本昌の43歳のシーズン成績を振り返ってみましょう 山本昌(43)3.1611勝7敗 完投2回 投球回133回2/3

この人はこの人で化け物ですね(笑)

やはり三浦大輔も本人ができると

言っているんでこのくらいの成績を残してほしいですね。

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする