【阪神】原口文仁、守備とリードの甘さに厳しい評価…


yjimageVZO0SQU6

季、育成選手から一気に一軍の正捕手にまで上り詰めた、

阪神タイガースの原口文仁選手

打撃面では類いまれなる勝負強さを発揮し活躍していますが、

一方では捕手としての守備やリードに問題が….

sponsored link

「首脳陣やファンからは酷評?原口の守備とリード」

打撃が好調の原口は、

規定打席には達していないものの.448という強さ。

もし彼にチャンスで回ったら僕なら初回でも敬遠しますね。

育成上がりで、

一気にスターダムにのし上がろうとしてる彼は現在人気絶頂ですが、

そんな中露呈した守備の甘さ。

capture-20160825-172003

というのも本日の楽天戦でメヒアが打ち上げた

ファールフライを原口が手を挙げ捕球体制に、

しかしボールを取ることができずそのまま見送り原口に失策1…

ネット上からは

「実は盗塁も最近そこまで刺せていない」

という厳しい声も上がっています。

さらに守備の甘さだけではなくて原口の前に新たに立ちふさがる壁は、

リードの甘さ。

20160625-00010002-sportiva-base

今日の阪神は大量の13失点。

防御率0点台を誇っていた先発岩貞はなんと9失点。

これには阪神ファンから

「原口のリードはまだまだ経験不足」

などの声が上がっています。キャッチングも甘いとか。

「慣れない一軍での環境に早くも疲れが??」

最近は目に見えるように精細さを欠いている原口ですが、

それはやはり育成から上がり、

急に慣れない一軍の試合に連続出場して疲れが生じたのでしょうか?

阪神ファンからは

「休ませてあげてくれ」との声も。

これから夏に向けて暑くなっていき苦しい試合が予想されるので、

原口選手にはこのあたりで

一度リフレッシュして戻ってきてほしいですよね。

楽天戦を負け越しているだけに、

この西武戦は勝ち越したいものです。

原口が扇の要としてどう進化していくか、かなり重要です。

sponsored link

腰痛持ちだった原口

そんな原口ですが、

どうやらスタメンマスクをたまにかぶらない理由は、

腰痛持ちが原因でした。

20160504-00057189-roupeiro-006-50-view

だからキャッチャーとして毎試合スタメンは難しいらしいです。

原口の打撃は現在の阪神にはかなり貴重なので、

捕手が無理でもファーストやらなんやらで

試合に出てくれないと阪神は厳しいですよね。

代打だけでの出場はかなりもったいないです。

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする