【広島】戸田隆矢が日本ハムに粘投で3勝目


76aa2b00eb13467f75ce5bd2068a173d

本日は交流戦7戦目。

カープは交流戦ここまで2勝3敗1引き分け。

なんとか今日勝って交流戦の勝率を5割にもっていきたいですね。

そんなカープの先発は戸田隆矢

今季の先発は2回目で、普段は中継ぎとして投げるほうが多い選手です。

その戸田はといえば本日は6回を1失点!今季3勝目を勝ち取りました。

そんな今日の戸田の素晴らしかった部分を振り返ってみましょう。

sponsored link

「3回裏、1死1、2塁のピンチに大谷、中田を迎える」

3回裏にヒット、

フォアボールが重なりワンアウトで

2、3塁のピンチを迎えてしまいます。

しかもバッターはバッティングも絶好調の大谷翔平

そのあとはまたまた絶好調の中田翔

ファンからしたら心臓にかなり悪いこの場面、

戸田はなんと2連続三振で切り抜けます。

この瞬間「今日の戸田はいけるな」と肌で感じましたね。

というのも、左打者である大谷翔平に対しては

大きく曲がるスライダー、右打者である中田翔には

内側に突き刺さる140km/h台後半のストレート。

似たような球はその後の回のバッターも苦戦していました。

彼の得意玉であるスライダーは本当にキレがすごく、

投げた瞬間はデットボールになるんじゃないかと

思ったような球でもストライクにズボンと決まります。

そのため何人かの打者はど真ん中に

決まっているのに避けていました。

6回を終えて奪った三振は7つでした。

2回に好調のレアードにタイムリーツーベースを

打たれたものの、3回のピンチを乗り越えてからは

4回、5回、6回を三者凡退に切ってとり

流れを相手に譲りませんでした。

「徹底した内角攻め。キャッチャー會澤との連携」

今日の戸田は上記で述べたようにスライダーの

キレと右打者に対するクロスファイヤーが光っていたのですが、

それもこれも徹底した内角攻めによりさらに威力を増していましたね。

おそらくそれがキャッチャー會澤とのテーマだったのでしょう。

内角を攻めるということは一歩間違えれば

デットボール、一歩間違えれば甘い球になる可能性が高く、

普通は内角に攻めるのはためらわれるのですが、

今日の戸田はどんな打者に対しても

徹底して内角を突いていました。

普段は投手をやっている大谷翔平に

対してもひるまずに内角攻め、

よく一つも死球を出さなかったと思います。

sponsored link

「今日の試合で先発ローテーション入りにかなり前進」

今日の戸田のナイスピッチングはカープに

とって本当に大きな収穫ですね。

この前のロッテ戦で先発を任された九里

8失点と大炎上し、緒方監督は九里を先発から

外すことを公言していましたが、

ソフトバンク相手に好投した岡田明丈

そして中村恭平も先発として十分試合を作っていけます。

正直「スライダー」という強力な

ウイニングショットを持ち、

かつ強力な日本ハム打線を封じた戸田が

この3人の中では一つ抜きんでたかなと。

戸田は中継ぎで使われることも苦とせず、

使い勝手が良いとされているが本望は当然先発でしょう。

戸田が先発ローテーションに加われば

ジョンソン、黒田、野村、岡田、中村恭平、戸田

6人で回せることになるのでかなり大きいです。


いやぁ今年のカープは本当に野手と共に投手も層が厚いですね。

しかも若い選手が多いので来年、再来年にも期待できます。

残りの交流戦もいい具合に乗り切り、

交流戦が終わった時点で1位を維持していれば

いよいよ優勝の2文字が見えてきます。

とりあえずは好調な日本ハム打線に対して

あと2試合どう挑んでいくかですね。

楽しみです。それでは!

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする