【広島】石原慶幸のリードのすごさ。會澤と磯村との比較…


4d3f0b913f8d5aca85b58a1abcf96684

島では黒田、ジョンソン、野村祐輔、岡田明丈が投げる試合では

石原がスタメンマスクをかぶると決まっていますが、

その他の若手ピッチャーが投げるとき

大体會澤磯村がスタメンとなっています。

石原は打率が.171と大不振ですが、

信頼と経験あるリードで買われています。

あまりにも打たなすぎて

石原を先発から外せというファンもいますが、

もし石原がスタメンを外れたらどうなるのか。

石原・會澤・磯村の3人を・・・

いろいろな観点から比べてみました。

sponsored link

石原がスタメンの試合とそうでない試合の比較

わかりやすく石原會澤磯村

それぞれがスタメンをかぶった試合の

先発投手の成績を比べてみました。↓↓

『石原がスタメンの試合』

黒田博樹 11試合5勝3敗 防御率2.83

ジョンソン 12試合6勝5敗 防御率2.16

野村祐輔 7試合5勝1敗 防御率2.03

横山弘樹 4試合2勝1敗 防御率3.57

岡田明丈 4試合0勝1敗 防御率2.35

合計防御率 2.47

『會澤がスタメンの試合』

福井優也 6試合1勝1敗 防御率5.21

九里亜蓮 2試合0勝1敗 防御率3.46

岡田明丈 3試合0勝1敗 防御率3.86

戸田隆矢 2試合1勝0敗 防御率2.76

野村祐輔 4試合2勝1敗 防御率3.70

中村恭平 1試合0勝0敗 防御率3.52

横山弘樹 1試合0勝1敗 防御率37.80

合計防御率 4.87

『磯村がスタメンの試合』

福井優也 1試合0勝1敗 防御率12.27

中村恭平 4試合1勝0敗 防御率3.60

九里亜蓮 2試合1勝1敗 防御率11.25

合計防御率 6.61

どうでしょうか。

確かに石原が受けるピッチャーは

ジョンソン、黒田、野村、岡田など

カープの中でもエース級の投手が多いのは確かですが、

會澤も野村祐輔の試合で何試合か受けていますが、

石原の方が圧倒的に防御率がいいです。

岡田明丈も同様です。

やはり数字の面から見ても

石原のリードの素晴らしさは際立っていますね。

「バッティング面での違い」

それでは次は…

3人のバッティングの違いを見てみましょう。

まずは今シーズンのここまでの成績を比較してみましょう。

「石原」

打率.139 打点4 得点8

「會澤」

打率.226 打点9 得点7

「磯村」

打率.190 打点2 得点1

會澤磯村は規定打席に達していないので

一概には言えませんが、

正直會澤磯村はリードや守備を

打撃面で補っているとは到底言えない

ですね。

石原はさすがに打ってなさすぎですが、

もう打つことを諦めているのかファールで粘ることが多く、

ピッチャーに多くの球を投げさせています。

この前の日ハム戦では13球粘った後

14球目をヒットにしていました。

こうやって粘られると

ピッチャーからしたらかなり嫌ですし、

その後のバッターとの対戦にも影響が出ます。

対して會澤磯村やや淡白な打撃が目立ちますね。

アウトになるにしてもそこまで粘らずに終わるケースが多いです。

こう見てみると石原は打撃面で

得点を稼ぐことはしていませんが、

リードと守備の面で失点を防いでいることになりますね。

會澤磯村石原のようなリードと守備が

できないのならせめて打率が

2割8分~3割は欲しい所です。

『いつかは石原の後継者にならなくてはいけない』

試合に勝つ可能性が一番高いからといっても、

石原を全試合に出すわけにもいきません。

石原ももう37歳です。

最近では実は手を怪我をしているんじゃないか

という心配もされていますし、

たとえしていなくても

これからする可能性は十分あります。

カープの将来を考えると、

會澤磯村はいつかこの石原を継ぐ

存在にならないといけないのです。

しかし・・・

12球団No.1のキャッチング

12球団の捕手から尊敬されるリード

を持つ石原の後継者になるのはそう簡単ではありません。

野球において捕手は試合を作る大切な役割です。

石原が現役でいる間にこの2人は石原から

いろいろ学んで生かしてほしいですね。

石原並みのリードと守備ができて、

さらには打てる捕手になってくれたら

当分の間はカープは安泰でしょう。

キャッチャーというポジションは、

経験がものをいうポジションですから

正直時間はかかるとは思いますが、

やはり優勝するチームは捕手がしっかりと

仕事をしているチームだと思います。

だからこれだけは絶対に放ってはおけない問題なのです。

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする