【広島】K・ジョンソン、調子悪いながらも7勝目


a322bc07

どうも!

今日も交流戦でした。

相手はここまでの交流戦のカード全て勝ち越しているライオンズ。

昨日は9回裏にいろいろあって大サヨナラ勝利を収めました。

先発は防御率2.16でセ・リーグ3位のK・ジョンソン

そんな今日のジョンソンを振り返りつつ、

最近のジョンソンの投球内容についても触れてみましょう。

sponsored link

『なかなか調子の上がらないジョンソン』

ジョンソンといえば言わずと知れた広島の大エースですが、

ここ3試合、特に交流戦に入ってからは調子を落としていますね。

交流戦初戦のロッテ戦でも初回に3点を

失い結果は6回3失点、与四死球4。

続く日本ハム戦では大谷翔平にいきなり

デットボールを当てるなど苦戦し、

結果は6回3失点、与四死球2。

そして今日の西武戦ではボールが

先行してしまうピッチングをしてしまい

最終的には7回2失点、与四死球2….

いやぁ、ほんとに調子悪いですよね。。。

っていうか…….

ジョンソンの「調子悪い」って、

普通の人の「調子良い」じゃん…

本当に頼もしいですわこの男は。

終始自分のピッチングに納得のいっていない

ような顔をしながら3試合連続クオリティスタート。

っていうか今シーズンのここまでの試合

すべてクオリティスタートです笑

ジョンソンの調子悪い時の投球って結局、

岡田明丈と中村恭平と戸田隆矢の上出来なピッチング

の時と同じなんですね。笑

ほんとにこの大物左腕と来季以降も契約を

延長できたことにあっぱれですね。

今日は打線が本当に奮起してくれて

ジョンソンはセ・リーグトップタイの7勝目

やっぱりジョンソンが調子良い時は

ジョンソンが最少失点に抑えて、

ジョンソンの調子悪い時は打線が

頑張って助けるのがステキですね。

四死球は少し増えたもののこの投球内容。

これは調子が戻ってくるのが楽しみですね。

『ジョンソン×石原慶幸』

この前キャッチャー石原の存在の重大さについて触れましたが、

やはりジョンソンといえば石原の存在が光りますよね。

【広島】石原慶幸の存在がどれだけ重要か。會澤と磯村との比較…

もしかしたら調子が悪い中好投を

続けられているのはこの石原のおかげなのかもしれません。

ジョンソンと石原のエピソードと言えば

このような出来事がありましたね↓↓

「☆2015/9/10(木)7回まで中日打線を無安打に抑え込んだジョンソン。8表に初被安打が逆転打となるも、8裏に石原の勝ち越し打で勝利を得る。ヒーローインタビューで『(石原を)米国に連れて帰る』。信頼する石原への最高の誉め言葉だった。」(mixi 広島東洋カープコミュニティ @carp_mixiさんのツイートより引用)

こうしてみると、やっぱり石原にも来期以降

ずっとカープにいてほしいですね。

打率こそもれなく0割台に到達しそうな

勢いですが、石原のリードは本当にカープの宝です。

37歳という年齢で手を怪我している

という噂もありますが、ぜひ来期以降も頑張ってほしいです。

ちなみにジャクソン・ヘーゲンズも

石原のリードにかなり助けられていると思います。

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする