【広島】野村祐輔はここがすごい!


02314927

どもども!

今日も広島は西武に勝ってなんと

同一カード3連勝を決めました!

そんな今日の広島の先発は野村祐輔

雨でボールが濡れていたりと投げにくい中6回を被安打6の無失点。

セ・リーグ単独トップの8勝目!防御率2.46!

そんな野村祐輔の最近の好調のポイントをチェックしてみましょう。

sponsored link

『筋トレは一切しない野村祐輔』

野村といえば筋トレをしないことで有名ですよね。

かつてジャイアンツの沢村に

筋力トレーニングをすることを勧められたとき、

「自分は体のしなりで投げるタイプだから筋肉を堅くしたら終わり」

と言っていたそうです。

やはり野村自身、

剛腕投手ではなくコントロール重視の投手を目指していたので、

速い球を投げるための筋力トレーニングは

していないみたいですね。

そんな野村は筋力トレーニングの代わりに

走り込みをめちゃめちゃして下半身を鍛えます。

そんな走り込みのトレーニングが

今年の投球フォームに生きていますね。

今日の試合の中でも解説の達川光男山内泰幸

「ピッチャーの鏡のような投球フォーム」

と絶賛していました。

なんでも、踏み込んだ左足に

しっかりと体重を乗せられていて、

その左足が踏み込んだ時に全く動かない

というすごさがあるらしいです。

今日のような豪雨の中でもフォームを

全く崩さずに投げられるのはすごいことですね。

『コントロールと信頼できる広島の守備陣』

やはり5勝に終わった昨年との大きな違いは

野村がかつてのコントロールの良さを取り戻したことですね。

上の話と重なりますが、

投球フォームがしっかりしているから

コントロールも上がるんでしょうね。

素晴らしいリードをしてくれる石原の構えた

場所に正確に球を投げられるので、

多くの打者がゴロを打ってしまいます。

広島は打線もですが、守備力の高さ

セ・リーグでトップレベルです。

特にのセカンドの菊池は言うまでもないですが、

ショートの田中、サードの安部(今日はルナでしたが)、

そしてファーストの新井の守備力は素晴らしいです。

バッターにゴロを打たせるとこのような信頼できる

内野陣がほとんどさばいてくれます。

実際に野村は今日奪三振3つと、

ほとんどのアウトがゴロやフライだったと思います。

それは野村のコントロールの良さはもちろんですが、

広島のレベルの高い守備のおかげでもあるんですよね。

今日こそ与四球4つと、球数は増えてしまいましたが、

打たせて取るピッチングは球数を少なくして

アウトにできるので燃費がいいですよね。

ちなみにメジャーという過酷な日程で

戦わなければいけない環境の下で、

なるべく球数を増やさないように、

黒田は打たせて取るピッチングを習得したみたいです。

打たせて取るピッチングは究極を言えば

27球で試合を終えられますもんね。上手くいきまくれば。

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする