山里亮太は天才ではなく「努力の天才」だった…


600

海キャンディーズの山里亮太は、

各方面から「天才」と称されていますが、

実は彼は「努力の天才」だったんです。

山ちゃんは一体どんな努力をしているのでしょうか…

sponsored link

プロフィール

2d001601dcf520360ff1e18cb52eff1e_yamasato_107-700x525

出身:千葉県千葉市花見川区

生年月日:1977/4/14

身長:178cm

血液型:AB型

デビュー:2000年

出身:NSC大阪校22期

最終学歴:関西大学文学部教育学科卒業

以前のコンビ:足軽エンペラー

所属:よしもとクリエイティブエージェンシー

芸人を目指したきっかけは…??

as20151211004562_comm

山ちゃんは高校時代クラスの中心ではなかったのですが、

「時々面白いからお笑いやれば??」

とある日友達に言われたそうです。

そして女の子にモテたいという理由から

山ちゃんは芸人を志すことにしました。

当時東京にも吉本のNSCがあることを

知らなかった山ちゃんは、

大阪のNSCに通うために関西の大学

受験したいと母親に申し出ます。

しかし母親は反対しました。それは・・

「今まで一緒に生きてきたけど、そんなに面白いと思ったことはない」

という理由からだそうです(笑)

しかし関西は関西でも、

誰もが良いと思える有名大学ならOKということで、

山ちゃんは一浪を経て関西大学に入学しました。

そして大学3年時にNSC大阪校に入学。

卒業後は「侍パンチ」「足軽エンペラー」などの

コンビを結成するもいずれも解散。

ピン芸人として活動を経た後、

現在の南海キャンディーズを結成しました。

芸人からも評価は高い山里亮太….

img_1781-thumb-400xauto-119562

数々の大御所芸人たちが山ちゃんのことを

「天才」と称します。

島田紳助は…

「見た目は気持ち悪いけど能力はイチオシ」

バナナマンの設楽は…

「あいつは芸人として能力高い」

ケンドーコバヤシは…

「笑いの才能がなかったら死んだほうがまし。笑いの才能だけが飛び抜けている」

と山ちゃんのお笑いの才能を称賛しています。

しかし山ちゃんは自分のことを

天才とは思っていないらしいです。

そして山ちゃんはかなりの努力家だったのです。

山ちゃんは漫才やテレビで使うための

練りに練った1000パターン以上のツッコミ

記入したノートを常に持ち歩いているそうです。

そして現場の状況を見て、

最適のツッコミを頭の引き出しから素早く出すとか。

自身のオンエアは必ず見返し、

「あそこは別のパターンもあったな・・」

と反省することも多いそうです。

さらに山ちゃんは長年彼女を作っていないそうですが、

その理由は…

「自分がデートをしている間に他の芸人はお笑いの腕を磨いている」

と考えてしまうからだそうです。

さらには…

「女と遊ばずにお笑いをストイックにやっている自分に酔っている」

とも語っています。

山ちゃんのお笑いの熱は自分だけにとどまらず、

これまでコンビを組んだ相方にもぶつけられてきました。

山ちゃんの厳しい指導によりこれまでに

コンビは2度解散しました。

そして現在の相方・しずちゃんに対しても

時折厳しい姿勢を見せるとか….

ある年の正月にしずちゃんが友人と

海外旅行に行くことになった時に山ちゃんは…

「1日10個面白エピソードを考えてこい」

「お笑いのDVDを持っていけ」

と指示するメールを送ったそうです。

仕事としてのお笑い…

as20151211004563_comm

山ちゃんがここまでお笑いにストイックになれるのは、

芸人になることを決めたきっかけである

「女の子にモテたい」

という理由だけではないと思います。

その気持ちからお笑いを始め、

現在では「仕事」としてのお笑いを

山ちゃんは全うしているのではないでしょうか。

  入り口は明確じゃなかった。お笑い芸人になりたいという気持ちを口に出し、そのビジョンを何度か空想したことが、あいまいな夢に重みを与えてくれた。「お笑い芸人になってみようかな」は「どうしてもお笑い芸人になりたい」になっていた。

山ちゃんのゴールはいったいどこなのでしょうか。

これからの活躍にさらに期待ですね….

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする