田中正義の創価学会の可能性は??実力は別次元だった….


show_imgmmm

価大学4年の田中正義が、

20日のドラフトで間違いなく

競合するとみられています。

そんな田中の凄いところはどこなのか??

そして田中は創価学会員なのか??

という噂についても詳しく見てみましょう・・・

sponsored link

プロフィール

@ŠJ–‹í‚É“o”‚µŠ®“Š‚Å”’¯‚ð‹“‚°‚½‘n‰¿‘å‚Ì“c’†‘å‹{Œö‰€–ì‹…ê

出身:神奈川県横浜市

生年月日:1994/7/19

身長:186cm

体重:91kg

出身:創価大学

座右の銘:日進月歩

野球を始めたきっかけ父親

12球団競合もあり得る…??

show_img

田中正義は創価高校時代には

甲子園出場こそ果たせませんでしたが、

創価大学1年目からエースナンバーを背負い、

20歳で150km/h、22歳で156km/hと

球速を上げていきました。

創価大学の佐藤投手コーチは

「私の野球人生であんなにすごいボールを

投げる投手は見たことがない。」

と田中を絶賛しています。

去年には大学選抜としてNPB選抜と

試合をし、7者連続三振を奪いました。

本当にストレートの伸びがすごいです…

ノーワインドから重心を下げ、

状態を前に傾けてインステップし

肘を柔らかく使った球持ちの良い

腕の振りから投げ下ろすストレート。

さらに右打者ながら一塁到達タイムが

4.2~4.3秒と脚のバネにも定評があります。

田中正義のドラフトでは、

1989年の野茂英雄や、

1991年の小池秀郎らの8球団競合を超えて、

過去最高の競合がみられるのではないかと

注目されています。

田中は日米のスカウトから熱視線を浴びており、

スカウトたちは・・

・大谷翔平クラス

・現段階でプロも抑えられる

・プロにもここまでの選手は中々いない

・先発ローテに入れば10~15勝はできる

・過去のマー君やダルビッシュや松坂クラス

と田中についてコメントしています。

今年のドラフトは高校生・大学生に

注目選手が多く、

例え競合で負けたとしても外れ1位

かなり良い選手がとれる可能性が高いので、

多くの球団が田中の競合に

名乗りを上げるかもしれません….

sponsored link

右肩に不安か…??

201602130006-spnavi_2016021400011_view

そんな田中正義は実は右肩に不安があります。

大学1年目には右肩痛を患い

一時的に外野手に転向していました。

最近になっても田中は右肩痛に悩まされおり、

どうやら投げるたびに不安になっていくらしいです。

田中の右肩痛がかなり深刻なものではないかと

思わせたのが日ハムのドラフト戦略です…

「日本ハムですよ。これまでも創価大の選手を何人も獲得、フロントには岸監督の息子さんもいます。野球部の4年生のマネジャーが来春、球団に就職する予定だとも聞いています。創価大にどこよりも太いパイプをもち、どこよりも右肩の状態を把握しているはずの日本ハムが、この秋は田中に対してノーマーク。4カ月ぶりの復帰登板も、9球団のスカウトがチェックする中、日本ハムのスカウトの姿はありませんでしたから。一方で台湾で行われた高校日本代表のU─18アジア選手権には5人ものスカウトを派遣したわけで、高校生を最も評価しているとアピールしたことになる。他球団が疑心暗鬼になっている田中の創価大を、あえて空き家にしているのはいかにも不自然ですよ」

Livedoorより引用)

どこよりも田中の右肩について

把握している日ハムがドラフトで

田中に手を出さないとなると、

田中の右肩は実は将来的にぶっ壊れる可能性

あるということではないか、

というのが最近にわかに囁かれているのです….

これまでに怪我でプロに入って

活躍できなかった選手はたくさんいるので、

想像しただけで怖いですね….

田中正義は創価学会員…??

20161016-00000001-wordleafs-0b548afd453e4c76b8bb60be6b7175971

田中正義は創価高校・創価大学と出ているので、

創価学会員ではないのか??

と噂されていますが、

その可能性は五分五分ですね。

というのも創価高校・創価大学を出ていても

創価学会とは限らないのです。

創価高校・大学は野球部のレベルが高く、

1年目からレギュラーを取るのが

かなり難しいと言われています。

そんな厳しい環境に身を置くために、

創価高校や創価大学に進む人は多いようです。

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする