【広島】加藤拓也を広島スカウトは見抜いていた!メジャーも目指せる!


]

應大学の加藤拓也

交渉権を広島カープが獲得しました。

外れ外れの1位指名でしたが、

そんな加藤拓也はどんな選手なのでしょうか??

詳しく見てみましょう・・・

プロフィール

2014-4-18_13-21-25_5

出身:日本・東京都

生年月日:1994/12/31

身長:175cm

体重:88kg

出身:慶應義塾大学

あだ名:慶應大学のライアン

パワーピッチャー…??

2013-11-3_17-44-48_6

加藤拓也は身長は175㎝とそこまで

高くはありませんが、

MAX153km/hのストレートが魅力です。

セットから重心を下げて早めに着地し、

小さめにテイクバックを取り

開き目に肘を使った腕の振りから

角度をつけて繰り出す最速153㌔、

常時140~150㌔弱の威力のある直球が武器。

遠投は115m、50mは6秒6とのことです。

変化球はスライダー、スプリット、ツーシーム

などを巧みに操ります。

6大学野球の法大戦では

15奪三振の完封勝利をおさめたことも。

こちらが加藤の大学での成績です。

capture-20161020-175731

またアメリカのメジャー球団・オリオールズ

マイナーチームとの練習試合で4回を投げ、

打者13人相手に5者連続と6者連続を含む

11奪三振を奪い、1安打無失点に抑えた

ことでメジャーのスカウトも驚かせました。

直球の威力はあの創価大学の田中正義にも

劣らないと言われており、

将来的にはメジャーも狙える選手だそうです。

この加藤拓也に対して各球団のスカウト達は・・・

・緩急がうまく使える。

・闘争心もあって外国人みたいなパワーピッチャー。

・体に力があってスピン量の多い球を投げるのが特徴。

・気持ちの強さがある。

とコメントしています。

ちなみに広島はドラフト会議で最初に

田中正義を指名した後、二番目に佐々木千隼を指名しましたが、

あれは緒方監督が決めたことで、

スカウト部長はこの加藤が一番欲しかったらしいです!

「加藤が一番好きな選手なんですよ」

 苑田スカウトはかつて、専修大時代の黒田博樹の才能にいち早く惚れ込み、球団に猛プッシュしてプロの世界へと導いた実績がある。そんな目利きに見初められた加藤拓也とは、どのような投手なのか。

 加藤は自身がカープから高い評価を受けていることは指導者づてに聞いていたが、ドラフト1位で指名されたことは想定外で驚いたという。

「大学生や社会人のドラフト1位といえば、ある程度完成している、まとまりのあるタイプが指名されると思っていました。僕はそういうタイプじゃないし、『一芸』というか、そういうタイプだと思っていたので」

 本人が語ったように、加藤は誰もが認めるドラフト1位という投手ではない。スカウトの間でも賛否分かれる存在だった。最速153キロの剛速球と縦に落ちるスライダー、スプリット。馬力の強さは評価されていた反面、身長175センチ、体重90キロという数値が表すように、全身を覆う筋肉の鎧を否定的に見るスカウトもいた。

(https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2017/01/05/___split/)

名スカウトと呼ばれる広島のスカウトが

一番欲しかった人材ですから、

活躍するのも少し納得できますね〜!

コントロールに少し心配か…??

profile_6

加藤拓也は球威のあるストレートが魅力ですが、

コントロールに少しバラつきがあるそうです。

体格的には現在広島の守護神として活躍している

中崎翔太に似ているのですが、

上手くいけば中崎みたいな、

悪くいけば巨人の澤村みたいになるのではないかと

早くもファンの間では懸念されているようです。

しかし以前の8回までノーノーの試合では

そのコントロールの悪さが功を奏したようで、

山田哲人などからは「最悪の球」と呼ばれていましたね(笑)

プロ野球は高校・大学の実績よりも

入ってからの練習量や姿勢が何よりも大事ですから

加藤も早く弱いところをつぶして、

広島の分厚い投手層に入っていってほしいですね….

あなたにオススメのコンテンツ




これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする