【真実】小久保裕紀が無能すぎるのに監督に選ばれた理由…


138846

ジャパンの監督として注目されている

小久保裕紀監督ですが、

たびたび采配の無能さを露呈しています。

小久保監督のどの辺りが無能なのか??

そして指導歴もない小久保裕紀が

なぜ侍ジャパンの監督に選ばれたのか

などについて詳しく見てみましょう….

sponsored link

プロフィール

show_img

出身地:和歌山県和歌山市

生年月日:1971/10/8

身長:182cm

体重:87kg

出身高校:和歌山県星林高校

出身大学:青山学院大学

プロ入り1993年(ドラフト2位 逆指名)

初出場:1994/4/9

最終出場:2012/10/19

あだ名:ミスターホークス

プレミア12の采配面における謎…

rsadbnxck23zgvxlxoska

小久保裕紀は2012年にソフトバンクで引退し、

2013年より野球解説者の傍ら

侍ジャパンの監督も務めています。

しかし現役時代の輝かしい実績と

監督としての指導力は別物で、

小久保の采配は無能という声が多いです。

その代表的なものが2015年に行われた

プレミア12の準決勝の韓国戦です。

7回を85球1安打11Kと好投していた

大谷翔平を降ろし、

8回からは楽天の則本を投入。

8回を三者凡退で抑えた則本でしたが、

小久保監督は9回にも則本を続投。

しかしノーアウト満塁のピンチを背負い、

無念の降板となった則本の後を任されたのは

まさかのプロ2年目とまだ経験の浅い

楽天の松井裕樹でした。

松井は大舞台に制球が定まらず、

押し出しのフォアボールを出して降板。

結局その後日ハムの増井浩俊が打たれ、

韓国相手に無念の大逆転負けを喫してしまいました。

ここにおける采配の問題点としては、

この日好調で球数もまだ少なかった大谷を

7回で下してしまったことや、

山崎泰晃沢村拓一などの投手がいながら、

この大会で不調だった松井や増井

9回の大事な局面で投入したことです。

この小久保監督の采配に関しては

多くのプロ野球ファンから非難を浴びたほか、

プロ野球の張本勲里崎智也などの

プロ野球評論家からも疑問の声が上がりました。

代表メンバー選出における謎…

sty1602150019-p1

小久保監督が「無能」と呼ばれる要因は

今年のWBC強化試合のメンバー選出にもあります。

以下が今回選ばれたメンバーなのですが….

【投手】大谷翔平(日本ハム)
    増井浩俊(日本ハム)
    宮西尚生(日本ハム)
    武田翔太(ソフトバンク)
    千賀滉大(ソフトバンク)
    石田健大(DeNA)
    山崎康晃(DeNA)
    石川歩(ロッテ)
    大瀬良大地(広島)
      野村祐輔(広島)
    菅野智之(巨人)
    田口麗斗(巨人)
    藤浪晋太郎(阪神)
    秋吉亮(ヤクルト)

【捕手】小林誠司(巨人)
    大野奨太(日本ハム)
      嶋基宏(楽天)

【内野手】中島卓也(日本ハム)
     中田翔(日本ハム)
     松田宣浩(ソフトバンク)
     内川聖一(ソフトバンク)
       菊池涼介(広島)
     山田哲人(ヤクルト)
       坂本勇人(巨人)

【外野手】筒香嘉智(DeNA)
     秋山翔吾(西武)
       鈴木誠也(広島)
               中村晃(ソフトバンク)

一目でわかるように、

外野手がたった4人しかいません(笑)

誰かが怪我をしたらどうするのでしょうか…

そして次に指摘したいのが藤浪です。

2015年こそシーズンは好成績を収め、

オフのプレミア12にも選出されましたが

今年の成績は7勝11敗 防御率3.25と、

決して褒められたものではありません…

さらに今季パリーグの首位打者・最多安打

の二冠を獲得したロッテの角中勝也

打率リーグ2位で走塁・守備面で力強い

日ハムの西川遥輝らが選出されずに、

この2人よりも成績の良くない

秋山や内川や松田らが選ばれたことに対して・・

「名前で選手を選んでいる」

「過去の栄光で選手を選んでいる」

という非難が寄せられました。

この小久保監督のメンバー選出に対して

Twitterなどでは・・

などの面白い意見が飛び交っています。

シーズン中の試合をしっかり見て、

調子の良い選手を選んでほしいですよね…

なぜ小久保裕紀が監督に選ばれた…??

20150223_1_1-1

ここまで無能と呼ばれている小久保裕紀は、

一体なぜ侍ジャパンの監督に選ばれたのでしょうか。

その理由の1つに、

多くの監督経験者がオファーを断るから

ということがあります。

ソフトバンクホークスを6年間で

Aクラス5回、リーグ優勝3回、

さらには日本一に2度導いた・・

秋山幸二にもオファーはあったのですが、

「絶対にやりたくない」

と断られたそうです。

さらに2009年にWBC監督を務め、

日本代表を世界一に導いた原辰徳

「2度と侍ジャパンの監督はやらない」

と公言しているそうです。

やはり日本を背負うという重圧や、

普段は顔を合わせない選手たちの

性格や体調への配慮

メジャー志望の選手らの積極起用の必要など、

侍ジャパンの代表はいろいろと

ストレスが大きいようですね。

この他にも小久保裕紀が

侍ジャパンの監督に選ばれた理由として・・

ソフトバンクつながりで王貞治が小久保を推薦した

日本代表のスポンサーがミズノで、現役時代ミズノの道具を使っていた人でフリーで知名度のある人だから。」

という憶測も立てられています。

小久保は人としての性格もよく、

博識で喋るのも上手いらしいですが

監督としての能力は低いかもしれません…

今度の11月の4日間の強化試合では

どんな采配を見せるのでしょうか。

試合は以下の日程&時間で放送されます。

11月10日(木) 19:00~  日本vsメキシコ

11月11日(金) 19:00~  メキシコvs日本

11月12日(土) 18:30~  日本vsオランダ

11月13日(日) 18:00~  オランダvs日本

場所は全て東京ドームで、

メキシコ・オランダと先行・後攻を入れ替えて

合計で4回戦うんですね。

勝利ももちろんですが、

誰も怪我をしないことを祈ります。

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする