【青学】下田裕太の彼女は青学生!?オタクの程は!?


as20160802001753_comm

山学院大学駅伝部の3年生・・

下田裕太が、その実力もさることながら

大のオタクなどキャラの濃さからも話題を呼んでいます。

下田裕太の彼女やアニメ好きの話など、

下田の素顔についていろいろ調べてみました・・・

sponsored link

プロフィール

spo_shimoda01_160301-ogp_0

出身地:静岡県小山町

生年月日:1996/3/31

身長:169cm

体重53kg

所属:青山学院大学人間教育科学部

出身高校:加藤学園高等学校

下田裕太の面白い来歴…

maxresdefault

下田は今でこそ青学駅伝部を支える

強力なメンバーの一人ですが、

高校時代はまったくの無名選手でした。

下田が通っていた中学校には陸上部がなく、

中学時代はソフトテニス部でした。

高校から本格的に陸上を始め、

高校3年時には主将を務めるとともに

加藤学園高校を初の全国駅伝出場へと導き、

下田は3区を走って区間35位でした。

そして2014年の都道府県対抗男子駅伝にも

出場し、下田は5区で19位でした。

下田の我流でぎこちないが、

生命力の溢れるフォームに一目惚れし、

青学駅伝部の原晋監督は下田を青学に誘います。

原監督は記録が優れている選手を誘うのではなく、

伸びしろのある選手を誘って、

さらに青学で実際に成長させるからすごいです。

「新・山の神」と言われた神野大地も、

高校時代は集団走で一人だけ遅れていた

ところを見て青学に入れようと思ったらしいです。

下田は青学に入った当初は同期の中でも

下から2・3番目くらいの選手でしたが、

そこから一気に成長していき、

1年時に箱根のメンバー16人に選ばれました。

そして2年時の全日本大学駅伝では5区区間賞、

さらに92回箱根駅伝では8区を走り

区間賞&区間歴代3位を記録しました。

2016年の東京マラソンでは全体10位、

日本人2位さらに10代日本歴代最高記録をマーク。

リオ五輪さえも視野に入るほどの活躍を見せました。

そんな大学に入ってから急成長した下田を、

原晋駅伝監督は・・

「選手としての、私の理想の集合体です」

と太鼓判を押しています。

以下が下田の自己ベストタイム一覧です。

5000m 13分53秒96
10000m 28分33秒77
ハーフマラソン 1時間02分22秒 (2015年)
マラソン 2時間11分34秒 (2016年)

(Wikipedia)

下田は大のオタク&彼女は…??

cxixcyqviaat4nq

下田はメディアなどにも取り上げられているように、

大のアニメオタクとしても有名ですよね。

特に好きなアニメはアイドルマスターで、

その中でも水瀬伊織、七尾百合子のファンだそうです。

町田にある寮の部屋には、たくさんの

アイドルマスターのTシャツがハンガーで掛けられています。

本当はポスターなどもたくさん貼りたいそうなのですが、

壁に穴を空けられず画鋲を使えないため

ポスターを貼れずショックを受けてました(笑)

そんな下田のリアルでの好きな女の子のタイプは・・

「あんまり考えたことがない、話が合うのは絶対必要、アニメが好きじゃなくてもいい、ちゃらちゃらしたのもあんまり好きではない」

と語っていました。

現在は彼女はいなさそうですね。

良い人が見つかるといいですね!

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする