【早稲田】武田凛太郎はこんな選手!!進路や彼女は??


稲田大学駅伝部の4年…

武田凛太郎の選手の略歴、

そして卒業後の進路やプライベートまで

いろいろ詳しくまとめてみました・・・

プロフィール

出身地:千葉県野田市

生年月日:1994/4/5

身長:175cm

体重57kg

所属:早稲田大学スポーツ科学部

出身高校:早稲田実業高校

怪我からの復活…

武田は2009年の中学3年生のころに、

全日本中学校選手権の1500mにて

6位入賞を果たしています。

そこから早稲田実業高校に進み、

高校時代は全国駅伝には出場できなかったものの

2013年の第18回都道府県対抗男子駅伝では

東京代表として5区を24分50秒で区間賞

東京の2位に貢献しました。

そして早稲田大学スポーツ科学部に進むと、

1年時から3大駅伝の出雲・全日本・箱根に

全て出場し、それぞれ区間5位・4位・5位でした。

1年生としては素晴らしいデビューとなりましたが、

箱根終了後にアキレス腱を痛め

夏にはお尻の骨を疲労骨折してしまいました…

 故障中あまり前向きな気持になれずに、何度か真剣に陸上をやめようかなと思ったそうですが、チームメイトの励ましや叱責、ご両親や渡辺前監督や相楽監督に声をかけてもらい、そういうのが心の支えになったと語っています。

そして怪我から復活し2015年の第91回箱根では、

7区を走って第5位

2016年の第92回箱根では、

3区を走って第5位でした。

今年の出雲では3区で7位でしたが、

全日本大学駅伝では1区で2位の力走。

そして来年行われる第93回箱根では、

この武田の活躍が大いに期待されています。

青学から王座を奪還するには

武田の走りがかなり重要になってきますね。

武田の進路やプライベートは…??

さて、そんな武田凛太郎は現在4年ですが、

卒業後はヤクルトに進み陸上を続けるそうです。

ヤクルト陸上競技部は昭和47年に創立され、

元旦のニューイヤー駅伝に36回出場しています。

今年の92回箱根駅伝で青学2連覇に貢献した

小椋裕介選手などが所属しており、

過去には現在の駒大駅伝監督の大八木弘明さんや

明大駅伝監督の西弘美さんが所属していました。

そして武田のプライベートですが、

Twitterを見た感じでは普通の大学生って感じですね。

彼女とかはいるのでしょうか。

長距離種目は精神的にきついので、

彼女など心の拠り所があるといいですよね…

ちなみに現・青学4年の村井駿は中学の先輩で、

今でも親交はあるそうです。

今年先輩・後輩対決が見られるかもしれませんね。

あなたにオススメのコンテンツ




これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする