花粉症対策が大いに期待できるお茶がこれ!!副作用もなく安心


しい花粉症の予防として、

お茶が有効であると話題を呼んでいます。

お茶のどういう成分が花粉症に効くのか。

さらに花粉症に最も効くお茶の種類など、

詳しく紹介していこうと思います・・・

sponsored link

花粉症に効くお茶の成分

まず花粉症の仕組みとして、

人間の体内に入ってきた無害な花粉に対して

IgE抗体という物質が過剰に反応し、

ヒスタミンという炎症を引き起こす物質を

放出しそれが鼻炎などにつながるのです。

お茶に含まれているタンニンやカテキンという

成分がこのヒスタミンをいう炎症物質の

働きを抑える効果があるのです。

薬と違って副作用などもないので、

お茶で花粉症対策をするのはおすすめです。

特に花粉症に効くお茶の紹介

それでは花粉症に特によく効く

お茶を箇条書きで紹介していこうと思います…

・ルイボスティー

ルイボスティーにはSOD酵素という

成分が含まれており、これにより

花粉症のアレルギー対策が期待できます。

さらにSOD酵素には美容の効果もあり、

動脈硬化や糖尿病や高血圧などの

予防にもつながることで有名です。

・なたまめ茶

なたまめ茶には血行を良くすることで

鼻づまりや鼻水に効く効果があります。

さらに口臭の予防にもつながります。

香ばしい豆の香りにほうじ茶のような

風味があり、とても飲みやすいお茶です。

・べにふうき緑茶

このお茶には先ほど説明した

IgE抗体の動きそのものを抑える

メチル化カテキンという成分が含まれます。

この成分はべにふうき緑茶にしか含まれておらず、
(※お茶以外ではヨーグルトにも含まれる)

即効性もあり人によっては30分ほどで

鼻水が止まったり鼻づまりが治るそうです。

ちなみに効果の持続時間は5~6時間です。

・甜茶

甜茶とは中国茶の一種で、

甘いお茶全体を指した総称です。

花粉症に効果があるのはバラ科キイチゴ科の

甜葉懸鈎子という種類だけらしいので注意です。

甜茶は昔から中国において解毒や

食欲推進などに使用されていたそうです。

甜茶に含まれる甜茶ポリフェノール

ヒスタミンを抑制する効果があります。

花粉が飛ぶ2週間以上前から飲むのが効果的で、

1日に3度ほど飲むのが良いらしいです。

・ハーブティー

ハーブティーは種類が多いので、

それぞれ箇条書きで紹介します…

◎カモミール
→花粉症の全体的な症状に効果あり。

◎ペパーミント
→鼻づまりに効果あり。

◎ネトル
→目のかゆみに効く。

◎エルダーフラワー
→鼻づまり、のどのイガイガに効く。

◎アイブライト
→目のかゆみに効く。

以上です。

ハーブティーは苦手な方は蜂蜜や

ミルクを入れて味を調節するのが良いでしょう。

カモミールは比較的飲みやすいそうです。

前述したようにお茶は薬と違って

副作用もなく、さらに薬と併用

できるのでお勧めです。

花粉症対策としてレンコンが効果的である

という記事も書いているので是非ご覧ください。

・花粉症対策としてのレンコンの効果やレシピ&サプリの紹介…

お茶で花粉症に打ち勝ちましょう!

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする