【巨人】村田修一の嫁や子供(病気)との超感動エピソード….


(http://mgg.mitsuipr.com/mgg/report/2013/video.html…)

人のベテラン中心人物..

村田修一嫁との馴れ初めや感動エピソード

さらに子供が障害を持っているという噂の

真実を事細かに調べてみました。

すると感動的な秘話が見つかりました・・・

sponsored link

プロフィール


(http://www.hb-nippon.com/news/854-interview/12316-…)

出身:福岡県糟屋郡篠栗町

生年月日:1980/12/28

身長:177cm

体重:92kg

プロ入り:2002年(自由獲得枠)

出身大学:日本大学

初出場:2003/3/28

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E7%94%B0%E4%BF%AE%E4%B8%80)

嫁との馴れ初めや嫁への気持ち…

(http://cyclestyle.net/article/2015/03/14/20574.htm…)

村田は2004年に、

大学時代から交際していた絵美さん

結婚して3人の子宝にも恵まれました。


(http://www.hb-nippon.com/news/854-interview/12316-…)

絵美さんとの馴れ初めなどについては、

とある雑誌のインタビューにて詳しく

村田自身が語っています…

「嫁との話??そうだなぁ。

嫁を一目見たときに、惚れちゃいましたね(笑)。

完全に一目惚れです。

でも、あまり会える機会もなくてイライラしたりしましたよ。

たまに会えたときはすんごくテンション上がってました(笑)。

まぁ、その時の絵美はオレに全然興味なさそうでしたけど。

連絡先を聞いて、試合に観に来てほしいとかよく頼んだりしてました。

絵美が観にきてくれたときに結果を出せなかったときは、恥ずかしかったなぁ。

でも、試合が終わってからの『お疲れさま』って言葉を聞くとほんとに癒されましたね。

今でもですよ(笑)

交際がスタートしてからは『絵美のために頑張る』って気持ちがすごかったですね。

今でも絵美のことは好きだし、これからも一緒に幸せな家庭を過ごしたいって思いますね。

絵美がいるから、オレも変わることができたって感じです。

絵美と出会うことができなかったら、今のオレはないですから。

絵美に出会えたことに感謝してますよ!」

(http://芸能情報ゆうタロウ.jp/)

まぁなくて当然なのですが、

村田はスキャンダルなども一切なく、

本当に嫁さんや家族を大切にしていますね。

子供との感動エピソード…

(http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/chiji/p1096929.htm…)

村田は子供が3人にいます。

長男の閏哉くん。

次男の凰晟くん。

三男の瑛悟くん。

長男の閏哉くんは生まれたときの体重が

712グラムで、超低出生体重児でした。

生まれてすぐに集中治療室へ運ばれ、

その後も病院で治療を続けた結果、

閏哉くんはこの病気を克服しました。

現在では年に一度村田と閏哉くんで

かつて入院していた病院へ赴き、

同じような病気に苦しんでいる子供に

会いに行って励ましているそうです。

閏哉くんが障害を持っているという

噂が流れていますが、それは間違いですね。

ちなみに村田と閏哉くんや家族との

感動的なエピソードはここで詳しくみれます。

村田は閏哉くんが

逆境を乗り越えたことに関して…

「めっちゃ心配しましたよ。

てか、自分の子供が病気になって心配しない人はいないでしょ。

初めになにをすればいいのか全くわかんなくて、めっちゃ焦りましたね。

嫁が腹を痛めて生んでくれて、生まれた瞬間に生死を彷徨った子供だったから。

生きてくれていてほんと嬉しかったし涙が溢れましたね。

初めて神様に感謝したんじゃないかな(笑)。

だから、自分の子供が病気にかかったとき、また生死を彷徨うんじゃないか。

そんなことばかり考えました。

完治したときは、絵美と一緒に喜びました。

子供ができてから、もっと父さん頑張らなきゃなって。

だから今は、嫁と子供のために1試合1試合全力でやってます。

ちょっとした怪我なら、家族にも監督やコーチにもいいませんね(笑)。」

(http://芸能情報ゆうタロウ.jp/)

 

と雑誌でコメントしていました。

村田が子供が見に来ていた試合で

ホームランを打って、その試合での

ヒーローインタビューで泣いていたのも

かなり感動的でした…

村田は本当にですね…

嫁のために、息子のために、

これからも頑張って欲しいです。

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする