堂林翔太のイップスは深刻…??本人がそのことについて言及!!


(http://www.ad-vank.com/2016/11/09/post-5939/)

摩行などにも励み、

来期に期待がかかる広島東洋カープの…

堂林翔太深刻なイップスに悩まされていると、

東スポによって報じられました。

果たしてその記事の信憑性はいかがなものなのか??

堂林自身の言葉も交えながら詳しく検証してみました・・・

プロフィール


(http://torendnews49.blog.so-net.ne.jp/2014-11-06)

出身:愛知県豊田市

生年月日:1991/8/17

身長:183cm

体重:83kg

プロ入り:2009年(ドラフト2位)

出身高校:中京大学付属中京高等学校

配偶者:桝田絵理奈

初出場:2012/3/30

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%82%E6%9E%97%E7%BF%94%E5%A4%AA)

どうやらイップスは本当っぽい….

(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/hiroshima_carp…)

キャンプ中にポジションを

サードから外野に移した堂林翔太が…

イップスであることが報じられました……

 問題があるとしたら、打撃ではなく外野守備だろう。昨年までは主に三塁を守っていたが、イップスを起こしたために首脳陣がコンバートを決断。「確かに内野がダメだから外野に回すことになったんですけど」と、河田外野守備走塁コーチがこう言う。

 「堂林は生真面目な性格なんで、ぼくが守備面であれこれ言い過ぎると、打撃のほうに悪影響が出かねない。(緒方)監督も、守備にはある程度目をつむると言ってくれてます。いまはとにかく、練習と実戦で場数を踏ませることが先決ですね」

 その河田コーチに言わせると、広島で外野守備が一番うまいのは野間だそうだ。守備範囲の広さや打球に対する判断力にかけては、昨年まで4年連続でゴールデン・グラブ賞を獲得している丸にも引けを取らない。「理想を言えば、レフト・丸、センター・野間、ライト・誠也(鈴木)という布陣がベストかな」という。

(http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/651637/)

記事は東スポなので信用はできませんが、

キャンプでの練習を見ているファンからすれば、

「やっぱりイップスだったか」

という感じらしいです….

サードはサードで安部や西川など

強力なライバルが存在しますが、

外野は外野で丸、松山、鈴木誠也、

エルドレッド、さらには来期期待されている…

野間などもおり、なかなか激戦区です。

状態が万全でないエルドレッドが

休み休みの出場になるのが助かりましたね。

しかしそんな外野のポジションでさえ

堂林の送球は心配されています…

肩自体が悪いんですかね-。

イップス疑惑がかなり強い中、

堂林自身はイップスに関しては明言していません…

まぁ確かにサードも外野も守れると

出場の幅は広がるとは思いますがね。

ただ打撃に完全に集中するなら

外野専門でやった方が良いとは思いますが。

あなたにオススメのコンテンツ





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする