【阪神】原口文仁の結婚相手の嫁との感動的なストーリー!!


(http://bylines.news.yahoo.co.jp/okamotoikuko/20160…)

成選手から成り上がった…

阪神の原口文仁ついに結婚しましたね!

お相手には長く低迷していた時期に大変支えられたようです。

そんな原口のお嫁さんはどんな人なのでしょう??

そして2人の結婚までの長い道のりも・・・

プロフィール


(https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%8E%9…)

出身地:埼玉県大里郡寄居町

生年月日:1992/3/3

身長:182cm

体重:88kg

プロ入り:2009年(ドラフト6位)

出身高校:帝京高等学校

初出場:2016/4/27

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%8F%A3%E6%96%87%E4%BB%81)

始まりは原口の一目惚れ….??

(http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=colu…)

2016年に育成から支配下登録すると

瞬く間にその才能を発揮し、

オールスターにも選ばれるほどの

活躍を見せた原口文仁。

そんな原口は2017年3月に、

交際していた女性と晴れて結婚しました…

 阪神・原口文仁捕手(24)が1日、結婚したことを発表した。お相手は同郷の埼玉県出身で1学年下の一般女性(24)。7年半の交際期間を実らせ、ついにゴールイン。昨季シンデレラストーリーを駆け抜けた青年は、新たな家族の支えを力にして、野球でも“正妻”の座を射止める。

原口が大好きな人と結ばれた。春の息吹を感じる3月1日。長い、長い月日をかけて紡いできた2人だけの時間を今、思い出す。度重なるケガで育成選手契約となった時、支えてくれたのは愛する人だった。昨季の大活躍を、自分のことのように喜んでくれたのも愛する人だった。かけがのない存在。もっと、もっと幸せにしたい-。

(https://www.daily.co.jp/tigers/2017/03/02/0009960006.shtml)

7年半ってめちゃめちゃ長いですねー。

原口はプロに入ってからは結果が出せず、

腰を痛めたりして育成選手も経験しましたが、

2016年に本当にブレークしましたね。

2人の出会いやお相手について

詳しく見てみましょう…

 運命の出会いは2009年夏の終わり。甲子園の準々決勝で県岐阜商に敗れ、地元の埼玉県寄居町に帰ってきた時だった。自身が所属していた少年野球チーム・寄居ビクトリーズの練習を手伝いに行ったある日。グラウンドを見つめるきれいな女性を見つけた。

妻になる人は、同チームで汗を流す弟を熱心に応援していた。心優しい人柄を感じ取り、澄んだ瞳に心惹(ひ)かれた原口少年。勇気を出して声をかけ、連絡先をゲット。気づけば愛が生まれ、交際へと発展していった。

プロ入り後、遠距離交際となってもお互いを思う気持ちは変わらない。度重なる腰痛の影響で12年オフに育成選手契約になった時も、励ましの言葉が心に響いた。苦しく、逃げ出したくなるような夜も彼女の存在に助けられた。だから、前に進むしかない。自分を応援してくれる未来の花嫁のため、白球を追った。

(https://www.daily.co.jp/tigers/2017/03/02/0009960006.shtml)

代の苦労人である原口の結婚に、

阪神ファンも祝福しています。

まだまだ若いですしこれからですね!

本当に今シーズンも活躍してほしいです!!

あなたにオススメのコンテンツ





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする