【阪神】原口文仁は全打席敬遠でいい。恐ろしいほどの打撃力…


124

日のジャイアンツVS阪神を見てて思ったんですが、

というよりも最近の阪神の試合を見てて思ったんですが、

原口文仁はまともに相手しないほうがいい

と僕は思います。その理由を

彼の打撃力の高さや彼の野球に対する姿勢

などからまとめてみました….

sponsored link

プロフィール

o0720071713670715860

出身地:埼玉県大里郡寄居町

生年月日:1992/3/3

身長:182cm  

体重:86kg

プロ入り:2009年(ドラフト6位)

年俸:480万円(2016年)

経歴

「得点圏打率は特に要注意」

この阪神の原口文仁は、

間違ってもチャンス時には本当に相手にしないほうがいいと思いますね。

現在の原口の成績は、

打率.392 得点圏打率.481

と、規定打席には到達してないものの驚異的な数字です。

たとえ満塁だとしても彼は敬遠した方が良いレベルですね。

1点あげちゃいましょう。

しかも長打率も.608という数字です。

敵じゃなければ…というほど素晴らしい選手です。

最近の彼の調子の良さは脅威を感じますね。

今日のジャイアンツも、

原口のタイムリーヒットから調子が崩れてきたように思えます。

「他選手にはいないほどのかなりの勉強家である」

またこの原口は大変勉強熱心であり、

守備が終わってベンチに戻ると..

すぐにコーチにアドバイスをもらいそれをメモ帳に書き殴っています

こういうマメな選手は最近では珍しいですよね。

そういった真面目な部分も金本監督には買われているようです。

また原口選手はかつて阪神でプレーしていた

あの城島選手にもキャッチャーとしてのイロハを教わり、

bbl1003041629007-p1

オフには彼を質問攻めにするくらいだったそうです。

原口選手は打撃も素晴らしいですが、リードや守備の面でも勉強熱心なんですね。

「原口選手が現在の阪神を支えている」

おそらく、

今の阪神は原口選手がいなかったらもっと下の位置にいた

といっても過言ではありません。

今原口がいるおかげで、

チームが原口を中心に回っているように思えます。

原口選手のサヨナラヒットで勝った試合もありましたしね。

何しろ元気がよくて、

チームのムードメーカーとしても一役買っているみたいです。

20160520-00057369-roupeiro-003-37-view

やっぱりキャッチャーってかなり重要なポジションですよね。

明日もプロ野球ありますね。

それでは!

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする