【悲報】中田カウスのたった一言で大阪からコントがなくなる。怖いほどの権力….


1119

在大阪のお笑いにはコントがほとんどなく、

ほぼ漫才だけになっているのをご存知ですか?

大阪よしもとの芸人はいつからか

コントをやることを完全に禁じられ

漫才をやらなければいけない状況に陥っているのです。

それは吉本興業の大御所芸人

中田カウスのたった一言から始まったのです…..

sponsored link

「はい、コント終わり!」の一言で大阪からコントが消えた

ある日中田カウスは吉本興業の幹部を集めた会議で・・・

「はい、コント終わり」と一言だけ言いました。

その一言で大阪よしもと所属の芸人たちはコントを止め、

漫才をしなければならなくなったのです。

信じられますか?

これが中田カウスの絶大なる権力なのです。

中田カウスがしゃべくり漫才が好きで、

コントが嫌いという理由からです。

大阪のよしもとの芸人たちはある場所に集められ、

そこで吉本興業の幹部から・・・

「これからは漫才をやるように」

と一言だけ言われたそうです。

そしてその後におじいさん達がぞろぞろと入ってきて、

「今後はこの作家さんたちがネタを作ってくれるから」

と告げられました。

さらには漫才用のスーツの仕立て屋も指定されたそうです。

それまで大阪よしもとの若手芸人の活躍の場であった、

「5upよしもと」という劇場は、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「吉本漫才劇場」という名前に変えられました…。

o0480048013174502914

よしもとのロバートやインパルスなどに憧れて

コントがやりたい!と意気揚々によしもとに入社した

若手芸人たちは….

東京よしもとに拠点を移すしかないのです・・

capture-20160906-212406

狙いはM-1グランプリ?

この突然の漫才至上主義は単に中田カウスが

しゃべくり漫才が好きだからという理由だけでなく、

2015年より復活した

M-1グランプリに焦点を絞っている…

という噂もあります。

しかしそれで言ったらキングオブコントという

コントの日本一を決める大会もありますので、

コントをやりたい芸人は今まで通りコントを

やればいいのではないかと思いますよね。

そう考えるとM-1グランプリで活躍するためなんてのは

ただの大義名分にすぎません。

中田カウスには逆らえない

コント師に憧れてお笑いの世界に飛び込んだ芸人が、

自分のやりたいネタをできない…

それが今の大阪よしもとの現実です。

しかしこのコント嫌いな、

中田カウスの権力には誰も逆らえないのです。

過去には度々暴力団との黒い交際が噂され、

今でも山口組の組員とつながっているという噂があります。

2011年に暴力団関係の事件で

芸能界を引退することになった島田紳助は、

この中田カウスにはめられたという噂(ほぼ事実)があります。

ビートたけしがそう証言しています。

af5d75a8

このままではよしもと全体の芸人

皆しゃべくり漫才をやるように

指定される日もくるかもしれませんね….。

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] ※こちらの記事もどうぞ※  【悲報】中田カウスのたった一言で大阪からコントがなくなる…. […]