【広島】鈴木誠也の父・宗人さんのあり得ないスパルタ教育…


734356_101852350010642_2072149143_n

真は高校時代の鈴木誠也です。一番左ですね。

鈴木誠也は現在広島カープでスタメンを勝ち取っており、

今年の交流戦では

3試合連続決勝打となるホームラン

を打ったことで一躍有名人になりました。

そんな鈴木誠也の原点は、普通じゃ考えられないような

父親である宗人さんの・・

鬼のようなスパルタ教育にありました….

sponsored link

プロフィール

1017348_142203555975521_616896160_n

生年月日:1994/8/18

出身地:東京都荒川区

出身高校:二松學舎大学附属高等学校

身長:181cm 

体重:87kg

プロ入り:2012年(ドラフト2位)

鈴木誠也は高校まではピッチャーをやっていて

148kmのストレートを投げていたんですね。

その名残りもあってか、

守備では度々強肩を披露します。

彼の肩は12球団で一番強いとも言われていますね。

バッティング面では将来必ず

広島の4番を打つと言われています。

そんな鈴木誠也のルーツは

厳しい父親の野球教育にさかのぼります….

「勉強するくらいなら走ってこい」

capture-20161021-170902

写真左が鈴木誠也の父、鈴木宗人さんです。

宗人さんは誠也に勉強を一切させず

野球の練習ばかりさせていました。

息子を絶対プロ野球選手にするために

幼い頃から野球のスパルタ教育を始めます。

自宅や橋の下にネットを張り、

そこで鈴木誠也は父と一緒に毎日

200~300球を納得のいくまで

打ち込んでいたらしいです。

鈴木誠也自身その時の辛い練習が

あったからこそ今があると自負しています。

父親の宗人さんは鈴木誠也に対して

「勉強するな。そんな暇あったら走ってこい」

と度々言っていたそうです。笑

もう野球以外は完全に捨てて野球に専念させていたんですね。

ある意味賭けですね(笑)

勉強は全くできない鈴木誠也

幼いころから勉強をほとんどせず野球だけをしてきたので、

鈴木誠也は頭がかなり悪いそうです。

学生時代は体育と社会科以外はオール1で、

今でも掛け算の99が言えないという都市伝説もあります。

最近英検5級に落ちたという噂も。。

ちなみに6月18日のオリックス戦でのお立ち台で

「最高です」しか言えなかったのは別に

勉強をしてこなかったことは関係ありません(笑)

語彙力がないわけではないですよ↓↓

まぁ野球に使う脳みそが発達してればそれでいいですよね。

sponsored link

今でもかなりの努力家

幼い頃は父親と野球の猛特訓をした鈴木誠也ですが、

プロになった今でもずっと努力を続けています。

鈴木誠也は毎日夜遅くまで一人で素振りをし、

試合でヒーローになっても納得がいくバッティングが

できなければ帰って素振りをしまくるらしいです。

鈴木誠也自身バッティングの意識がかなり高く、

10割打てないと納得がいかないらしいです。笑

だから1打席でも打てないとかなり悔しいとのこと。

プロ入り1年目の時は、バッティングに関して

悩みすぎて円形脱毛症になったこともあるみたいですね。

どんなにいい結果を残しても

鈴木誠也は満足しないみたいですね。

ハングリー精神が本当に素晴らしいです。

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする