荻原次晴は双子の兄と比べられて地獄のように生きてきたと告白!告白をして「号泣」・・


Resultado de imagem para 荻原次晴

(https://stat.ameba.jp/user_images/20130610/19/tsugiharu/3e/ca/j/o0800106712571173417.jpg)

次晴さんは双子生まれで、次晴さんの兄は荻原健司と言います。

次晴さんは1994年に全日本選手権3位になりました。3位になった時と同じ頃にノルディック複合・ワールドカップに始めて出場したのだ。

1998年に次晴さんは長野オリンピック出場しました。個人では6位になり、団体だと5位になりました。そのあとに、見事、ワールドカップに出場して、早くも現役を引退をしたのだ。

そんな次晴さんはTV番組のしくじり先生という番組に「双子の兄と比べられて地獄だった」と言い、その理由を知るべく。次晴さんのことについて色々と検索をしたので、そのことについて少し触れていきましょう・・

プロフィール

Resultado de imagem para 荻原次晴

(https://www.nikkansports.com/public_race/news/img/bo-hagiwara-kc20170312-ogp_0.jpg?20170312211843)

種目 : ノルディック複合
生年月日 : 1969年12月20日(47歳)
生誕地 : 群馬県吾妻郡草津町
デビュー年 : 1993-1994シーズン
引退年 : 1998
最高成績 : 2位

(https://ja.wikipedia.org/wiki/荻原次晴)

次晴さんがテレビ番組の「しくじり先生」に出演

次晴さんがテレビ番組の「しくじり先生」に出演をして、自分に起きたことを話しはじめた。周りの人に、健司さんと何度も間違われて地獄だったと語る

兄の健司さんが優秀で目立つことで、次晴さんの存在を否定されたことまで告白。「当時は健司さんは双子であることが知らなかった。

それが原因で、次晴さんの母親に「なんで俺を双子に産んだんだよ!!」と言ってしまった

次晴さんが「健司じゃない」と言う事が面倒になり、健司のサインを自分で書くようになりました。

荻原次晴は金メダルを取った荻原健司に対して余計なことをしやがって…と思った。兄弟の会話はなく、母になぜ俺を双子に産んだんだよと言ってしまった。

(https://tvtopic.goo.ne.jp/program/ex/42565/1069714/)

兄弟と一緒に行っていたノルディックスキー

次晴さんと健司さんが行っていたノルディックスキーは、二人が始めた頃は次晴さんのほうが成績がよかったです。

二人が中学3年の時で、2人が全国大会に出場しました。その結果健司さんが1位になり、次晴が2位になりました。

次晴さんが2位になり、彼自身がこう話した。「まだ本気を出していない」と現実から逃げました

この時、二人の心境は。健司さんは「世界で勝てる選手になりたいと、本気になった」。そして、次晴さん心境は「世界はレベルが高すぎて無理」と、逃げました。

荻原次晴は荻原健司の努力を否定し自分を正当化した。

(https://tvtopic.goo.ne.jp/program/ex/42565/1069714/)

優秀な人と比べられた時に陥るしくじり地獄の流れ。最後は孤独状態となる。荻原次晴が一番つらかったことは荻原健司と比較すらされないこと。

(https://tvtopic.goo.ne.jp/program/ex/42565/1069714/)

次晴さんがそのことであることを学んだ

次晴さんと健司さんは生まれたときから、なんでも一緒にしていた。

実は、「人と比べられることは期待されていること」、それに喜びを感じ本気を出してみよう次晴さんがそう主張した。

次晴さんがに「なんで俺を双子に産んだんだよ」と言った自分が悪い認めました

健司さんが頑張ったおかげで次晴さんがオリンピックに出場することが出来たと語る、次晴さんはこう言う本気で頑張った一部の人がオリンピックに出られる、目指した時間は無駄じゃない」と話した。

存在すら認めてもらえないことが人間一番辛いこと、本気を出して頑張った人は、まだ知らない自分と出会えて次の本気で人生は晴れると訴えた。

(https://tvtopic.goo.ne.jp/program/ex/42565/1069714/)

https://twitter.com/14genki/status/873905492732420096

https://twitter.com/1nH9SU5RnlT0Leb/status/873905264306434049

次晴さんの嫁

次晴さんが結婚をした当時は、次晴さんが38歳で、次晴さんの嫁が神奈川県出身で会社員、24歳でした。なので、年齢差は14歳です。

次晴さんと嫁との出会いはこうです。次晴さんがファッションショーに客として行き、そこに嫁に出会い、その時点で運命を感じアプローチをしました。

その嫁の名前は公表していません。一般人だからです。

そして、次晴さんの子供は。次晴夫婦は3人の子どもがいるそうです、残念ながら子供たちの名前も公表してませんでした。

次晴さんが結婚を発表した時にこう話しました

「このたび、結婚をいたしました。スキージャンプに例えると、二人はまだスタート地点に着いたばかりです。

これから助走路をしっかり滑り、どんな悪条件の時も、安定した飛行で大きく羽ばたいていきたいと思います。

今後とも、ご指導のほど、宜しくお願いいたします。」

(https://tvtopic.goo.ne.jp/program/ex/42565/1069714/)

次晴さんがソチオリンピックに号泣

次晴さんがソチオリンピックに号泣した理由は、ソチオリンピックに渡部さんがメダルを獲得をしました、それを見た次晴さんが号泣をしました。

ただメダルを獲得しただけなのに。。って思った人も多いのでは?

リレハンメルオリンピックからルールが変わって、日本が不利になってしまって。どうしても勝てない状況が続いていて、渡部さんがメダルを獲得をしたときに感情が高まって号泣をしてしまいました。

当時、それが起きた動画がありますので、ご覧ください

次晴さんが「しくじり先生」に語った話しは印象的でしたよね?

皆さんの励みになったと思います。やっぱりイイ話でした・・

あなたにオススメのコンテンツ




関連する記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする