高橋真麻のダイエット方法は?実は、高橋真麻は太っていた?


(https://www.rbbtoday.com/imgs/ogp_f/560355.jpg)

高橋真麻は、元フジテレビアナウンサー、現在はフリーアナウンサー。そして、アイウエオ企画所属。

高橋真麻真の名前の由来は、真っ直ぐ、麻の葉のようにすくすくと成長するように「真麻」と名付けられた。そして父は俳優の高橋英樹。そして高橋真麻は一人娘です。

高橋真麻は「宝塚歌劇団」のファンです、そしてボイストレーニングにも通っていたのです。そのため、歌唱力をバラエティ番組で披露する機会は多い。だが、歌謡曲だけではなく、本格的なソプラノも歌うことができる。

高橋真麻は小さいころから痩せていた印象があります。最近、高橋真麻は小さいころは太っていたと本人が明かしたので、それを調べてみました。

プロフィール

「高橋真麻」の画像検索結果

(http://newslounge.net/wp-content/uploads/2015/04/DSC_0284.jpg)

愛称 : マーサ
出身地 : 東京都
生年月日 : 1981年10月9日(35歳)
血液型 : O型
最終学歴 : 東京女子大学文理学部
所属事務所 : アイウエオ企画
職歴 : フジテレビジョン
(2004年4月 – 2013年3月)
活動期間 : 2004年 –
ジャンル : 情報・バラエティ系
家族 : 高橋英樹(父)
小林亜紀子(母)

出演番組・活動 現在 :「スッキリ!!」
過去 : 「知りたがり!」
「めちゃ×2イケてるッ!」
「FNNレインボー発」
「FNNスーパーニュースWEEKEND」
「FNNスーパーニュース」
「めざにゅ〜」
「めざましテレビ」
「笑っていいとも!」
「とんねるずのみなさんのおかげでした」
その他 :「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」でも自慢の歌まねを披露。

(https://ja.wikipedia.org/wiki/高橋真麻)

高橋真麻は小学校の時に太りすぎと医師から警告された

真麻さんは一つのメディアじゃなくて、さまざまなところで小学生の時に肥満だったことを公表している。真麻さんはテレビ番組の「スッキリ!」に小学校5、6年の時の写真を公開。

真麻さんは小学校6年生の時は60キロぐらいだった。そして、徐々に太っていき、中学3年の頃はもう75キロ、そして、ウエストは90センチまでいった。

紹介された写真は虎柄のスパッツをはいているものだったが「入るのがスパッツしかない。ズボンがはいらないので」「ホテルのアーケードで売っているマダムニットしかはいらなかった」と太りすぎて洋服もサイズが合わず、着たい服は全く着られなかったと振り返った。

加藤浩次から「どこでやせようと思ったの?」と聞かれると「中学3年の時に、お医者様から痩せて下さいと。このままだと危険ですと(言われた)。小学校から脂肪肝だったので」と、医者からの警告でやせることを決心したという。

ダイエット方法は「一番効いたのは、昼と夜、粉を混ぜて飲む置き換えダイエット。リンゴダイエット、ゆで卵ダイエットとかいろいろやって大変でした」とさまざまなダイエットに挑戦。フジテレビ入社後は肥満が一転「37キロぐらいにやせちゃって。今は55キロ」と話し、加藤からは「普通に体重言うんだね」と驚かれていた。

(http://news.livedoor.com/article/detail/13378397/)

高橋真麻の経歴

2004年にアナウンサーとしてフジテレビ入社。同期には斉藤舞子、倉田大誠。同年の「くりぃむしちゅーの見たいTV」でデビュー。

その後は「めざましテレビ」や「FNNスーパーニュース」、「笑っていいとも!」などの人気番組を歴任。

2012年は「知りたがり!」で初めて番組を担当。

2013年には入社9年目になったため、4月にフジテレビを退職して、フリーアナウンサーになった。フリーに転身した後、「バイキング」や「スッキリ!」などの番組のMCやレギュラーを務めた。そして、アナウンサーの活動や、タレント活動もおこなっており、バラエティー番組の出演も多い。

高橋真麻の謎のポジティブダンス

真麻さんのポジティブダンスはネガティブ気分を吹き飛ばす、元気になるためにそのダンスをします。

衝撃のムービーは「ポジティブ動画(2)ダンス編」の投稿で公開されたもの。ネガティブな気分を吹き飛ばすため、「ポジティブにがんばるぞ!ポジティブ、ポジティブ」と叫びながら腕を振り回して踊る彼女の姿が写っている。上下に激しく跳ねながら叫び続ける姿は、なかばヤケクソ気味に見えなくもない。だが、胸の揺れ具合は素晴らしいものだ。

「真麻はゆったりとしたデザインの薄いシャツを着ているだけなので、胸の揺れがハンパない(笑)。『ブルンブルン』と音を立てるかのようにGカップが縦揺れしています。もうすごいというか、ヤバイとしか言いようがありません。繰り返し再生していたら、いろいろとポジティブになりました(笑)」(女子アナ評論家)

(http://www.asagei.com/excerpt/85170)

あなたにオススメのコンテンツ





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする