【悲痛】高橋由伸と井端がスタメンをとれる現在のジャイアンツ打線…(笑)


高橋と井端

016年、歴史的貧打にあえぐジャイアンツ打線

ジャイアンツの現在のチーム打率は

セ・リーグで下から2番目の.246

チーム得点は最下位の250点ですね。

正直去年で引退した…

高橋由伸監督井端弘和コーチ

試合に出た方がいいんじゃないかと思います(笑)

今の巨人のスタメンを見て、

高橋由伸と井端弘和が入り込める余地を分析してみました….

sponsored link

高監由伸が代打要因で、井端がセカンドのスタメンをとれる

現在のジャイアンツのスタメンが大体こんな感じですね。

打順 位置 選手名 打率 最近の打率
1 (二) 中井 大介 .125 .000
2 (中) 橋本 到 .291 .158
3 (遊) 坂本 勇人 .322 .250
4 (右) 長野 久義 .291 .200
5 (一) 阿部 慎之助 .264 .211
6 (三) 村田 修一 .298 .235
7 (左) ギャレット .240 .235
8 (捕) 實松 一成 .278 .267
9 (投) ピッチャー .00 .—–

これは7月3日のヤクルト戦でのスタメンメンバーなんですが、

大体セカンドは日替わりでそれ以外は固定されていますね。

村田修一が打率3割に近いですが、

3割を一定して超えているのは坂本勇人しかいません。そして、

高橋由伸監督の現役最後の年の成績が、

打率.278(133-37) 本塁打:5 打点:21 

ですから、

現在の外野のポジションを奪うことは少し難しいですが、

代打での打率が.395と「代打の神様的」な扱いだったので、

代打要因としてなら今のジャイアンツにいてもおかしくないでしょう。

現在のジャイアンツの代打は主に太田泰示が任されていますが、

打率.230と全く期待に応えられていないので

高橋由伸が代打で出たほうがいいでしょう。

一方で井端弘和の最終年の成績が、

打率.234(269-63) 本塁打:1 打点:19

と、あまり好成績とは言えませんが、

去年は開幕スタメンで序盤もスタメン出場をしていて

最終的に98試合にも出場したので

現在のセカンドのポジションをとれるといってもいいでしょう。

日替わりで入っている選手は若手を育てる

という意味ではいいのかもしれませんが

打撃もあまり良くないですし、

守備も井端にはまだ敵わないと思いますね。

まぁ高橋由伸の成績も井端の成績も去年のものなので、

今シーズン仮に現役を続けてたとしても

どうなっているかはわかりませんが。

巨人ファンは我慢の限界か

貧打線にあえぎ最近負けを重ねている巨人に

対してファンは我慢の限界が来ていますね。

Twitter上では・・・

アスカーサー@aska1012 5時間5時間前

なんかもうねフルスイング見ただけで涙出るよね だって、巨人打線フルスイングもできないんだぜ

因幡@178kosuke 9時間9時間前

山田が凄い 巨人打線もある意味凄い

あやとり@A_ya_to_ 10時間10時間前

ヤクルト投手に抑えられる巨人打線やばすぎでしょ 由伸監督やる意味無いし現役復帰したら?

giant@vector9492 11時間11時間前

今の巨人打線2点取れる訳ないからかあ

という嘆きの声が上がっていますね。

セカンドは若手を育てたいので井端はあれですが、

高橋由伸は本当に復帰してバッターボックスに

立ったほうがいいと思います(笑)

まだまだ続けられたのに引退して監督を務め、

監督業では無能だと言われ非難される

なんて本当にかわいそうですね。。

後半戦に向けて再起してほしいものです。

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする