【巨人】小林誠司、足が遅すぎて菅野に馬鹿にされる…(笑)


123552

在ジャイアンツで安定して

正捕手を務める小林誠司

遠投115メートル、二塁への送球1.9秒

という素晴らしい強肩を誇りますが、

178cm、80kgという見た目も

スラっとした体系の割には実は足が致命的に遅いのです…

足が遅すぎて同い年でチームメイトの菅野智之からは

「お前足遅すぎるだろ(笑)」と馬鹿にされる始末……

sponsored link

1塁到達タイムでの比較

実際に動画を見て小林誠司の足がどれだけ

遅いのかを検証してみたいと思います。


これなんですが、

これだけ見てもまぁ何となくしか

わからないんで他の選手と

1塁到達タイムで比較してみました。

ちなみにこの動画での小林誠司の1塁到達タイムが、

4.64秒です。

そしてNPBの何人かの選手の

1塁到達タイムをピックアップしてみました。

柳田悠岐(ソフトバンク) 3.41秒

岡田幸文(千葉ロッテ)       3.44秒

中島卓也(日本ハム)   3.51秒

聖澤諒(楽天)      3.51秒

秋山翔吾(西武)     3.55秒

本多雄一(ソフトバンク) 3.58秒

松井稼頭央(楽天)    3.65秒

と、大体こんな感じですね。

みんな小林誠司よりも圧倒的に速いですが、

この人たちはみんな走力が売りの選手なので

もっと違う比較対象を用意してみました。

同じく一塁到達タイムです、

阿部慎之助(ジャイアンツ)   4.94秒

バレンティン(ヤクルト)    4.64秒

チームメイトの阿部よりは速いですが、

バレンティンとはほぼ変わりませんね(笑)

バレンティンは打撃主体であの体系なので、

バレンティンよりかは速くあって

ほしかったですけど(笑)

ちなみに小林誠司のパワプロでの走力は

となっております。

速く走るか….長打を打ってほしいですね。

これからは!

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする