【衝撃】久保田和真の事件で原晋監督が辞任にならない最悪の理由….


8cdcf65089e76fe83f643daa18bcb344_content

根駅伝でその名を日本中に轟かせた

青山学院大学駅伝クラブ

しかし、その優勝メンバーである

エースの久保田和真が、

今年の箱根駅伝の直後の1月に

女性に暴行を加えたとして

週刊誌に取り上げられて問題に。

駅伝強豪校の評判は一気に落ちました。

しかしなぜこの件について青学駅伝部からの会見もなければ、

ニュースになることもないのでしょうか??

それはひょっとしたら

総監督である原晋の権力が働いているのかもしれません….

sponsored link

事の発端は?

今年1月26日に

青山学院大学の箱根優勝メンバー

女性に暴行を加えたて警察沙汰になったと週刊誌が報じました。

その女性はその青学の選手のファンで、

ずっとファンレターを送っていたそうです。

そしてその選手がファンレターに書かれていた

連絡先に連絡し2人は会うことに。

その後2人は何度か会って仲を深めていきました。

そして事件の起きた今年の1月、

2人は女性宅で口論になり

男性側が女性に頭突き

その反動で女性は倒れこみあばらなどを骨折

女性は6月に警察に被害届を出し、

現在警察はその男性を

事情聴取しているとのことです。

そしてその問題となった青学駅伝メンバーですが、

実名などは出されてないもののほぼ確実に

久保田和真選手であろうと特定されています。

週刊誌によるとその選手の特徴は、

①2016年の箱根駅伝のエース

②今年3月に青学を卒業し就職

③陸上界きっての爽やかスマイル

ということですが・・・

その久保田和真という選手は、

①2016年箱根駅伝で1区区間賞&大会MVP

②今年で青学を卒業し4月からは九電工に就職

そしてその久保田和真というのが….

49054360

この人です。

まさに…③陸上界きっての爽やかスマイルですね(笑)

ちなみにこの3つの条件、

②の今年で卒業が当てはまる人物はもう一人いますが、

それ以外の条件が当てはまるのは

この久保田和真しかいません。

ほぼ間違いなく暴行事件を犯したのは

久保田和真であると考えられています。

一切ニュースにならないのはなぜ??

この久保田和真の暴行事件が、

週刊誌に取り上げられネット上では

大いに話題になってはいるものの、

テレビなどでニュースになったり

Yahoo!のニュースに取り上げられないのはなぜでしょうか??

それはまだ警察の事情聴取の段階だからでしょうか??

いえ、そんなことはないですね。

たとえ決定的な証拠がなくとも

噂が流れれば報道されます。

しかし青学駅伝部側からの説明は何もないですし、

久保田和真も急にとってつけたような理由で

Twitterをやめただけで効果的な弁解は示していません。

なぜこの青学駅伝メンバー暴行事件は週刊誌、

そしてネット上でのみにとどまっているのでしょうか??

sponsored link

原晋監督とヤクザの癒着か・・??

考えられる限りの最悪の例が、

ほぼあり得ないとは思いますが、

反社会勢力との癒着ですね。

元読売ジャイアンツ監督の原辰徳氏が、

女性とのスキャンダルをもみ消そうとして

暴力団に1億円を渡していたことが

問題になったのは記憶に新しい事件ですよね。

2015年、2016年と箱根駅伝を制覇し、

その独特のトレーニングや采配から一躍有名人に

なった青学駅伝部の原晋監督

201512310107dd

何となくヤクザとつるんででも

おかしくない感じがあります…(笑)

しかも苗字も同じ「原」です…(笑)

この事件がメディアなどに

取り上げられ更なる青学のイメージダウンに

つながるのを恐れた青山学院大学そのものが、

駅伝部監督の原晋と相談して暴力団に

現金を渡しこの事件をもみ消そうと

しているのではないでしょうか・・・・????

原晋監督自体も、

もしこの事件で久保田和真が逮捕されるような

態になればその時は責任が追及されます。

それを避けるため、

そして愛してやまない教え子の久保田和真の人生を守るため、

そして青山学院大学のイメージ、

青学駅伝部のイメージを守るために

もし暴力団と関わっているとしたら、

陸上界で史上最悪の大事件ですね…

まぁそんなことはさすがにないと思いますが。

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 【衝撃】久保田和真の事件で原晋監督が辞任にならない最悪の理由…. […]