【真実】ディズニーの来園者が減る「値上げ」以外の理由…


h63_jpg_pagespeed_ce_U0Mu9cHd0W

どうやら東京ディズニーリゾートの来場者数が減っており、

そのブランドに傷がつくという状況に追い込まれているそう。

今日はそのディズニーについていろんな視点で

来場者減少の原因を考えていきたいと思う…

sponsored link

「値上がりをした成果は??」

東京ディズニーリゾートと言えばここ4年連続で

入場料が上がっており、

合計で1200円も値上がりしている。

しかしその値上げ分はどこへいったのか?

我々からしたらグーフィーやドナルドの給料に

なっているとしか思えない。

それほど値上がり分の満足度は上がっていないのだ。

東京ディズニーリゾートと同じように値上げをしているものの、

来場者数を確実に伸ばしているのがUSJである。

USJはここ最近映画の枠を超えて、

あらゆるアニメやミュージシャンなどの

エンターテイメントを取り入れたアトラクションの導入などの他、

20151201011012

フライングダイナソーなど、
ol

既存のアトラクションを新しくしたりなど、

ディズニーと比べて目新しさが目立っている。

やはりお客さんを取り込もうとする姿勢は

USJの方によくみられる気がする。

「ディズニーがとりあえず改善してほしいこと」

ディズニーはお客さんを喜ばせるためにまず何をすべきか?

私が思うに、もう少しグルメの充実を図ってほしいと感じる。

800円強の額を払って出てくるパスタは

まるでインスタントの麺にインスタントのミートソース。

1000円という一回の食事にしては贅沢なほどの

額を払ったのだから、インド人が原料から手作りをした

本場インドカレーが陽気なインド人によって運ばれてくるかと思いきや、

出てくるカレーは、これなら家で作ったレトルトカレーの方が

良いと言わんばかりのクオリティの低いもの。

さすがのディズニーという夢の国においても、

食事をするときにはどうしても夢から覚めてしまう。

私はそう感じるのだ。

東京ディズニーリゾートを運営する

オリエンタルランドの有価証券報告書には、

お客さんがより満足していただくための

資金の投資をいとわないといったようなことが記されているが、

そんなことはレジで800円を払ったときに、

食べた瞬間作ってくれたシェフにお礼が

言いたくなるようなパスタが出てきてから言ってほしいものだ。

それこそグルメの観点から見ればUSJでも

あまり満足のいくグルメの提供はできていないと私は考える。

値段のわりにはやはりUSJももう少しクオリティを上げてほしい所である。

ということは・・・

ディズニーがグルメの充実を図ればUSJと差別化できる。

ただでさえアトラクション部門においてUSJに

差をつけられているのだから、そこは頑張ってほしいものである。

食事をするためにディズニーに行くという

お客さんが出てくるくらい充実させてほしいものだ。

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする