時任三郎のニュージーランドへの移住は俳優業への挫折からだった….


g20150920011166640_view

優の時任三郎が、

1999年から4年間ニュージーランドに移住していましたが、

その4年間で時任三郎は大きく変わりました

そんな時任三郎のニュージーランドでの4年間は

どんなものだったのか??

詳しく見てみましょう・・・

sponsored link

プロフィール

mig

出身:大阪府松原市

生年月日:1958/2/4

身長:188cm

血液型:O型

デビュー:1980年

事務所:SUBNET

学歴:大阪芸術大学デザイン学科中退

俳優業への挫折から移住…??

prof_tokito

時任三郎は1999年から、

子供をのびのび育てたいという理由から

ニュージーランドへ移住しました。

しかし当時、時任は俳優業に対して

他人の敷いたレールを歩いているという

感覚に嫌気が差しはじめ、

半ば逃げるようにNZに移住したと語ります….

 「三郎が1回仕事を辞めて海外に行ったときは挫 折だったりしたの?」と時任がニュージーランドに移住した当時の思いを聞いた中井貴一。時任は「半分」と答え・・
「挫折的なところは確かにあった。いったん休憩しようと思って。3人目の子どもが出来るタイミングでもあったし、子育てに参加しようかなと。ニュージーランドに1泊目の宿をとって、飛行機のチケットだけ持っていった。南の方に行こうかと風来坊的な感じで4年たった」と続けた。何年かたち、2003年に「仕事がやりたいなという気持ちがわいてきて帰ってきた」。

スポーツ報知より引用)

ニュージーランドでの4年間は非常に

得るものが大きく、充実したものだった

時任は語ります・・

 3人の子供と向き合い、食事を作り、野菜を育てる生活。「こういう仕事をしていると、子供を連れて買い物に行っても芸能人として見られる。それが取り除かれた状態で素の父親でいられた4年間は、自分にとって大きい」としみじみ。
イクメンやスローライフといった言葉がはやる前から本能で実践。「何も考えずに行って向こうでビザを取ったんですよ。行き当たりばったりを楽しんでる部分もあります」

スポーツ報知より引用)

帰国してから仕事を再開すると

時任に「父親役」のオファーが急増。

2007年には「ベストファーザー賞」も受賞しました。

ニュージーランド以前の時任三郎を知らないので、

こんなこと言っていいのかわかりませんが、

最近の時任三郎を見てるとおよそ

ニュージーランドの4年間があるからこそ

こんな自然な演技ができるんだなぁと感じます….

sponsored link

これを読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする